クリニークのUVケア:SPFについて

みなさんは紫外線対策、きちんとできていますか?紫外線は一年中降り注いでいます。室内にいても、窓を通して紫外線は入り込みますし、雨や曇りの日でも私たちは紫外線を浴びています。夏だけでなく、年中を通して日焼け止めを塗り、肌の炎症やシミ・シワなどを予防することがとても重要です。今回は日焼け止め製品に書かれているSPFやPAの意味、紫外線以外にも光老化の原因となる肌に有害なものなど、UVケアに関する基本的な知識についてご紹介します。

 

日焼け対策、紫外線対策で知っておきたい5つのこと

健やかで美しい肌を保つために、ぜひ知っていただきたい主な項目を5つまとめました。これらの情報を参考に、UVケアについて正しい知識を身につけましょう。



色つきのものやボディ用など、クリニークの幅広い日焼け止めをチェック

 

1 SPF表示の見方

SPF

日焼け止め製品 で見かける「SPF」という表示が何を意味するか、ご存知ない方もいるかもしれません。SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、紫外線防止効果を表す指標です。肌の赤みや炎症の原因となる紫外線B波(UVB)を防ぐ効果の指標となり、数字が大きいほど防止効果が高いことを意味します。
ちなみに、SPFと一緒に表示されている「PA」は「Protection Grade of UVA」の略で 、紫外線A波(UVA)を防ぐ効果を表す目安で、「+」のマークで表示されており、「+」の数が多いほど防止効果が高くなります。

 

2 日焼け止めの塗り直しの頻度

日焼け止めは汗や皮脂によって流れたり、手を洗った際に落ちたりします。効果を最大限に引き出したいなら、2~3時間に一度は塗り直すことをおすすめします。
 

3 日焼け止めを塗る量

日焼け止めを塗っていても、きちんと塗っていなければ表示されている数値どおりの効果を発揮させることはできません。ムラなくたっぷりと、均一に塗ることが大切です。顔から首、耳の後ろや胸元、腕など、露出する部分は丁寧に塗りましょう。

 

4 赤外線とは

光老化の主な原因は紫外線ですが、赤外線、その中でも特に近赤外線も肌に悪影響を及ぼすことがわかってきました。赤外線は人間の目には見えない光(不可視光線)で、太陽光線の中では紫外線や人間の目で見える可視光線よりも波長が長いので、皮下組織や筋膜、筋層にまで入り込み、肌の深部にダメージを与えます。

 

5 ブルーライトとは

ブルーライトも太陽光に含まれる自然の光のひとつですが、パソコンやスマートフォンなどからも発せられるため、近年ではブルーライトを浴びる量や時間が増えています。ブルーライトは可視光線の中で最も波長が短く、非常に強いエネルギーを持っているため、過剰に浴びると肌トラブルにつながります。

Clinique SPF lineup

紫外線や大気汚染から肌を効果的に守り、メークのりを良くするクリニークの日焼け止め兼メーク下地や、ボディ用サンケアでしっかりと対策を行い、健康美肌を目指しましょう。



色つきのものやボディ用など、クリニークの幅広い日焼け止めをチェック

日焼け止めおすすめ
色つきのものやボディ用など、クリニークの幅広い日焼け止めをチェック