根本から変えてみる

リップスティックとジュエリーの関係

素敵なセルフィーを撮るために
おさえておきたいメークの5つのポイント

美しいセルフィーを撮るためにおさえておきたいメイクの5つのポイント

投稿できるくらい完璧なセルフィーを撮るのは、簡単じゃない。光を調整して、ベストアングルを見つけて、#寝起きみたいな写真が撮れるすっぴん風メークをマスターして・・・。写真に付けるキャプションを書く前に考えなくちゃいけないことがたくさん!そこで、一回で素敵なセルフィーを撮るためのポイントを、メーク アップ アーティストでクリ二―ク チャイナのカラー エキスパートでもあるキム・ザンに教えてもらいましょう。あなたらしさが伝わるセルフィーを撮るための、とっておきのメークの秘訣をご紹介。

美しいセルフィーを撮るためにおさえておきたいメイクの5つのポイント

1.最高のセルフィーは、健康的な輝く肌から始まる
何といっても、SNSに投稿した写真を目立たせるのは、フレッシュで輝きのある肌。「健康的な肌はいつも流行しているし、肌がなめらかで潤っていれば、メークもずっと良く映えるよ」とキム。何から始めればいいかわからない?3ステップ スキンケア ステムは、初心者でもとっても簡単。洗う、ふき取る、潤すの3ステップを肌タイプにあわせて選んで、ハイライトいらずの、イキイキした透明感溢れる肌を目指しちゃおう!

2.あなたの肌色に合ったファンデーションを選ぶのがポイント
キムが愛用しているのは、ビヨンド パーフェクティング ファンデーション 19。完璧なカバー力と、フローレスな肌へと仕上がるアイテム。アプリ加工は必要なし!コンシーラー機能搭載のこのファンデーションは、とっても軽い付け心地なのに、うるおいは驚くほど持続。毛穴が目立ったり、厚塗りに見えたりすることもない。大事なのは、自分の肌色に合ったファンデーションを使うこと。でも撮影する時、フラッシュを使う時もあるよね。そうした時のキムのアドバイスは、「ファンデーションは明るすぎない物を選んで!そうでないと、顔だけ白浮きして見えてしまうから。」

美しいセルフィーを撮るためにおさえておきたいメイクの5つのポイント

3.チークを入れる時は、ナチュラルを心がけて!
淡いピーチ色のチークは、付けた瞬間に肌色をほんのり明るくして、健康的な輝きを与えてくれる。キムのおススメは、チーク ポップの02 ピーチ ポップ
「頬の一番高い所にだけ塗るのはNG!そうするともっと顔が丸く見えてしまうよ。頬骨に沿うように、斜めに線を描くようにね」とキム。さらにクッキリ小顔に見えるように、チャビー スティック スカルプティング コントゥールを試してみて。頬骨の下にほんの少しのせて下に向ってファンデーションになじませると、うっすらと影ができて、メリハリのある立体小顔に見えるよ」

4.まつ毛は濃く、長く
まつ毛が濃くて長いほど、目は大きく見えるもの。「マスカラを重ねて塗ることで、まつげ一本一本がより際立ち、さらにボリュームアップするよ」とキム。ラッシュ パワー フラッター トゥー フル マスカラは、見た目をアップグレードさせるのに最適。マスカラを回すと3段階に切り替えることができるので、ふわふわまつげでも、インパクトのあるボリューミーなまつげでも、自由自在に作れる優れモノ。その上にじまないので、撮ったセルフィーを驚くほど美しく見せること間違いなし。まずまつ毛をカールさせて、2回マスカラを重ね塗りしたら、目尻のまつげが際立つように3回目を塗ってみて。驚きの効果が期待できるはず!

キレイは、簡単。一番“モテる”ヌード リップの見つけ方。

5.大胆なリップととびきりの笑顔でポーズをきめてみて
「明るくて大胆な色のリップは、セルフィーで自己主張するのにピッタリなんだ」 とキム。落ち着いたローズカラーのクリニーク ポップ #13 ラブ ポップを試してみて。どんな肌のトーンにもしっくりくるし、青みがかった色がより歯を明るく白く見せてくれる。もう一つおまけに、保湿成分にプライマーが組み込まれているので、発色とうるおいが長時間続く。だからランチタイムに塗れば、ディナーはもちろんその後まで、いつでもセルフィーを撮る準備はOK!


写真:アナイラム テキスト:シラード・ダーシュ