あの人のバッグの中身

ビューティエディターの彼女が一日中、元気でいるために

ビューティエディターの彼女が一日中、
元気でいるために。

彼女のバッグの中身は?

気軽に読める最新のカルチャー、政治、映画、ファッション、フード、そしてもちろんビューティのニュースを集めた『The Pool』のビューティエディター、フランキー・グラッドン。今回は、過密なスケジュールに追われながら働く彼女が実践しているケアをご紹介。

寒い冬は、いつでも気分が憂鬱...ってわけでもないわ。だって、寒さを理由に週末、家でじっと引き篭もることって、今どきゼンゼン〝有り″だから。“Netflix”でも観ながら、SNSにコメントしましょ。そして、さらに寒くなったら、昔買った厚手のコートでも羽織って、ポテトでも食べながら、タートルネックを着込む!これで、ムダ毛の心配もしなくてよいなんて幸せ。

もし私が、この時期の悩みを一つあげるなら、寒さによる「やる気のなさ」。まだ暗くて雨が降っている午前6時にモーニング コールなんてされても、元気で前向きな気持ちでベッドから抜け出せるはずもないでしょう!早く起きることができた朝は、ヨガで体を伸ばし、ミントティーを飲む。それが新年の抱負だったはず。でも、今日はいいっかな...私はやっぱり、まだベッドの中にいたいもの!

何週間もテレビを観ながら、炭水化物の塊みたいなカルボナーラを食べるのは、素敵な時間だけど、そんなことしている間も世界は周っている。原稿の締め切りは来るし、打ち合わせはある、そしてネットワーク作りのために食事会だって行かなくちゃ。さらにコレクションのシーズンに突入したら、まるで遥か彼方まで続く地平線のように、仕事は終わることがないの。いつも着ているジャージじゃなく、もっとオシャレして、気の利いた会話を繰り広げないといけない...そんな時期を元気に乗り越える方法、それはワインをいっぱい飲むことだけど、それ以外に私が忙しい日々を乗り切るために試行錯誤してきた健康的な方法と心がけている日々のルーティンを紹介するわね。

彼女のバッグの中身は?

新しい目覚め方とは?
「あともう5分だけ...」とベッドでぐずぐずしないための方法を2つ紹介するわ。まずは、とても簡単なこと。目覚ましのアラーム音を“ファンファーレ”から“鳥のさえずり”に変えるの。それは意外なほど効果があって、朝、元気で爽やかな気分で目覚めることができるの。そしてもう一つは、シャキッと目覚めさせてくれるようなシャワージェルを使うこと。私はレモンやオレンジ、そしてミントやティーツリーが入ったものが好き。すっきり!と目が覚めて、今日一日を乗り切る準備ができるわよ。
ランチタイムに気分をアップする方法
朝のミーティングを済ませ、企画を練って、原稿を仕上げた後、午後はちょっとだらけてしまいがち。ランチタイムにエクササイズ クラスに参加するなんて実際はできないから、その代わりに、ちょっと遠くにあるお気に入りのサンドウィッチのお店に歩いて行くようにしているわ。5分だけ長く歩いて新鮮な空気を吸うことでマインドがクリアになって疲れもリセットされるのよ。そして、オフィスのデスクに戻ったら、フェース スプレーをひと吹き。これで気分もリフレッシュして、肌も潤うの。フェース スプレーはアロエべラを配合したものがお勧め。肌が穏やかになるわよ。

彼女のバッグの中身は?

午後はペップ スタート
1日が終わるころには、私の脳と顔は疲労でぐったり。そんな時、仕事後に人に会う予定なんて入っていた日にはもう大変!オフィスのトイレでいくつかの対応策をとるの。まずは、気分が上がる香りの香水をスプレーする。シトラスとかフローラルの香りがいいわね。そして、お疲れ顔にはアイ クリームを塗るの。私は、潤いとふっくらとした張りを与えてくれ、アプリケーターでひんやりするペップ スタート アイ クリームがお気に入り。とても軽い使い心地なのに、朝したメークをシャキッとした印象にしてくれるわ。その後、牡蠣を食べに行くか、ベッドで寛ぐかは状況次第ね。

ぜひ、「The Pool」のサイトで、フランキーのペップ スタート アイ クリームのレビューのご一読を!なぜ、彼女がこの製品のファンなのかよくわかるはず。

テキスト:フランキー グラッドン(「The Pool」ファッション&ビューティ エディター) 写真:ベンジャミン マドッグウィック